1969 Chevrolet Camaroについて
「すべてにおいてマスタングを凌駕する」そう意気込んでGMが世に送り出した車はまさにアグレッシブの一言でした。GM Fボディ プラットフォームを用いて、エンジンもL型6気筒とV型8気筒を揃えて、排気量も230ci(3.8L)から427ci(7.0L)まで幅広くラインナップをオファーし、スタイル重視からパフォーマンス重視までの幅広い顧客層を一挙に魅了した。
上級グレードにはハイパフォーマンスモデルのZ28・RS(ラリー・スポーツ)・SS(スーパー・スポーツ)の3種類を用意し、クーペスタイルとコンバーチブルそれぞれにカラーバリエーションを内外装に渡り豊富にラインナップ。そして肝心の走りの方も当初の目的通り。サーキットではフォード・マスタングと覇権を争い、1969年のSCCA(Sports CarClubof America)トランスアメリカン・チャンピオンシップの2.5L以上クラスで堂々の優勝。
その後3世代を経たあと、一時期ラインナップから途絶えたが2009年に再び脚光を浴びて登場した新型モデルのデザインは、まさにこの1969モデルをレトロモダンナイズさせた姿。
camaroを語るにあたって1969年は切っても切れないモデルであり、クラシックカマロの中では最も高価で取引されています。

1969 Chevrolet Camaro Coupe

1969 Chevrolet Camaro
1969 Camaro
1969 Camaro
1969 camaro 1969camaro
1969 camaro 1969camaro



1969 Chevrolet Camaro
価格の目安:\5,300,000
展示場所:アメリカ
これらの車両はアメリカで現在for saleになっている車両です。迅速なお手続の完了をもってお車を確保致します。
価格は海上輸送量・通関&登録費用等込みです。
自動車税、リサイクル費用、重量税、自賠責保険料金別
商品車両仕様
車検:
走行:不明
外装:レッド
内装:ブラック
エンジン:V8-350ci
トランスミッション:A/T (コンソールシフター)
パワーステアリング、パワーブレーキ、グランツステアリングホイール

ナンバーマッチ。Z28やSSのクローンが多い中、本当の価値を追求してオリジナルに忠実に仕上げた貴重なカマロです。バイナルもマフラーも状態極めてよく、全てにおいて「持っている」カマロではないでしょうか。
カマロはエンジンと車体のマッチング、オプションの有無等で数千万円ののモデルも存在しますが、カジュアルに乗れるノーマル仕様もあります。多くはZ/28仕様のものが一般的です。