1969 Ford MustangBOSS 429について

ここまで毎年モデルチェンジを繰り返しながら、パフォーマンスではGMとクライスラーを相手にやられっぱなしのフォード。起死回生に目を付けたのはNASCARでした。NASCARにモンスターエンジンを積んだ車で出て起死回生を企てたのでした。
NASCARで勝てるストックエンジンはを搭載していたのは429のTorinoでしたが、フォード陣営は考えます。
「トリノじゃイメージ戦略的にも地味すぎる・・しかもエントリーまでに搭載資格を得るのに必要な500台の販売を達成できる気がしない」
悩んで末に出た答えは
「マスタングに429ciを搭載してハデに勝ってバンバンマスタングを売ろう!」
でした。
エンジンは更に改良が施され、Half Hemiと呼ばれる三日月型の燃焼室を持つ429ciエンジンに735cfmのHollyキャブレータ。冷えた外の空気を直接吸い込むラムエアー方式で吸気効率を爆発的に向上し、ヘダースで排気効率も同様にアップ。
3.91:1のトラクションロック、オイルクーラーを奢りバッテリーは重量配分を考慮してトランク内へ。更に前後のスタビライザーを入れながらPolyglas F60X15sのクイックパワーステアリングを搭載。フロントにはパワーディスクブレーキを採用してコーナーリング性能を充分に引き出す事を実現。あくまで本気仕様のみなのでA/Tはなく4速マニュアルのみでした。その公式発表されたパワーはなんとたったの375hp。
保険料の高沸を懸念しての発表であったと後に当時の開発陣が語り話題になりましたが、本当は軽く500hpを超えていたとの事で、現代に生き残った車両で検証しても375hpはあからさまな出まかせだった事が証明されています。
そして満を持してデビューしたBOSS 429 マスタングは859台が製造されました。
当時最高峰のマスタングとして君臨しましたが、80年代の一番不遇な時代に大量に潰されてしまい、今はめったに売りに出る事のなくなったアメリカンマッスルの宝ものです。

1969 Ford Mustang BOSS 429

1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429 1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429 1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429 1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429 1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429 1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429 1969 Ford Mustang BOSS 429
1969 Ford Mustang BOSS 429 1969 Ford Mustang BOSS 429



1969 Ford Mustang BOSS 429
\ASK
展示場所:アメリカ
これらの車両はアメリカで現在for saleになっている車両です。迅速なお手続の完了をもってお車を確保致します。
価格は海上輸送量・通関&登録費用等込みです。
自動車税、リサイクル費用、重量税、自賠責保険料金別
商品車両仕様
車検:国内未登録(3年つきます)
走行:不明
外装:マルーン
内装:ブラック
エンジン:V-8 429ci
トランスミッション:M/T
パワーステアリング、パワーフロントディスクブレーキ

幻のBOSS429マスタングです。表向き375hpでも実際は軽く500hpをオーバーするモンスターマシン。
オリジナルの8000rpmまでのタコメータがそのポテンシャルを感じさせます。
BOSS429にはNASCAR IDが降られており、この車は1395番が付与されています。
最高のクラシックマスタングを欲する方にのみご紹介します。