1954年ChevroletCorvetteについて

アメリカンスポーツカーの代名詞として知られるコルベットの、半世紀以上に及ぶ歴史が始まったのは'53年からで、53年から55年がC-1コルベットの元祖です。1953年デビューしたコルベットは、GM社にとって初のオープン2シーター量産モデルで300台が生産されました。翌'54年には工場をセントルイスに移転。基本設計は'53年式と同一ながら、外装色にスポーツマンレッドなど3色が加わりました。
コルベットのボディは量産車では世界初となるFRP製。エンジンは当時の主力ユニットでもあった235ciの直6エンジン。最高出力は150馬力。なお'53年式はエンジン全体がブルーに塗られ、バルブカバーに「ブルーフレーム」の文字も入っていました、'54年式では一部カバーに形状変更が加えられた結果クロームバルブカバーのものが存在します。1954年の中期以降、最高出力が155馬力に高められるなど、モデルシーズンの途中であってもパフォーマンスを追求し続ける事を厭わない姿勢はGMの本気度を伺わせる事となり、この頃から生産が伸び始めました。トランスミッションはマニュアルの設定は存在せず2速A/Tのみ。公式には3速M/Tが標準装備となっていますが、記録上は全車がオプションである2速A/Tを選択した事になっています。
ここまでで分かるように2シータースポーツなのにM/Tがなかったり、エンジンが直6であったりと言った事から欧州のピュアスポーツカーからは見劣りしたにも関わらず価格は堂々の同格だったため、売れ行きは芳しくありませんでした。本格的に2シータースポーツとして注目を浴びるのは55年のV-8が登場してからでした。
インテリアカラーはレッドとベージュの2色が用意されましたが多くは赤でした。
コルベットは左右セパレートシートの背もたれの間、中央に滝が流れ落ちるようなナイアガラ・デザインと呼ばれる外装からの流れがあり、途中で途切れた時代はあったものの現行モデルでも続くコルベットの伝統的なデザインが特徴です。
エンジンは235cu.in.(3851cc)の直6エンジンで、これはデビュー年の'53年からのキャリーオーバー。とはいえ基本設計はシボレー・セダンなどに搭載されている直6と同じものなので非常に扱いやすいです。'54年前期は150馬力だったが、モデル中盤にカムシャフトのプロファイルに変更を加えて、後期は155馬力を4200回転で発揮しました。
外観はバンパーを貫通して伸びるマフラーやテールレンズなどがとでもスポーティで特徴があり最初の3年間はこのまま変更はありませんでした。サイドウィンドウもハメ込み式という正真正銘のロードスターで、ソフトトップもボタンで留める簡易的なもので、あくまでオープン2シータースポーツに拘ったのですが、逆にそれは女性層とライトスポーツ層には敬遠され、55年にデビューするライバルのThunderbirdにこれらのユーザーは完全に譲る事になりました。
しかし、この先でThunderbirdとコルベットは全く異なる道を歩む事になり、コルベットはアメリカ唯一のオープン2シータースポーツとして君臨し続ける事になります。
そのため53年から55年の3年間のコルベットはアメリカモータースポーツの金字塔と位置付けられ、その価値も非常に高く、程度のいい車両が売りに出る事は大変まれな事です。

1954 Chevrolet Corvette

1954 Chevrolet Corvette
1954 Chevrolet Corvette
1954 Chevrolet Corvette
1954 Chevrolet Corvette 1954 Chevrolet Corvette
1954 Chevrolet Corvette
1954 Chevrolet Corvette
1954 Chevrolet Corvette 1954 Chevrolet Corvette



1954 Chevrolet Corvette
\ASK
展示場所:アメリカ
これらの車両はアメリカで現在for saleになっている車両です。迅速なお手続の完了をもってお車を確保致します。
価格は海上輸送量・通関&登録費用等込みです。
自動車税、リサイクル費用、重量税、自賠責保険料金別
商品車両仕様
車検:国内未登録(3年つきます)
走行:不明
外装:ホワイト
内装:レッド&ホワイト
エンジン:V8-235ci
トランスミッション:A/T
新品ベージュトップ、オリジナルスチールホイール&ハブキャップ、新品Firestone Deluxe Champion 6.70 x 15 4ホワイトォールタイヤ、オリジナルサイドカーテン(収納袋付)、オリジナルトランクマット

オリジナルのL-6"blue flame"エンジンはキャブももちろんオリジナル。
"power glide"A/Tもシフターから全てオリジナルのナンバーマッチ。
エンジン、ミッションだけでなくリアエンド、ステアリング、ブレーキ、サスペンションに至るまでレストレーション済。
内装は全て新品交換済。外装のクロームもリクローム済。
ゲージ類ほかオプショ(ラジオ、ヒーター、ウォッシャー)も全て完動。
もちろんオーナーズマニュアルとジャッキ、スペアタイヤも付属しています。