1950年代の車について

この時代は全ての車において個性が溢れる百花繚乱の時代だったのではないでしょうか?本来、必要とされている以上のクロームパーツをふんだんに奢り、光り輝くボディはこの時代特有の曲線美を強調し、ホワイトウォールのタイヤがとても似合いました。
50年代前半の車は外装とは裏腹に比較的シンプルな内装が多かったのですが逆に今となってはそれも簡素な美を醸し出しており、50年代後半はビカビカな装飾品のような内装をゴージャスにあしらっています。
この時代から半世紀以上たった今、中には3回以上レストレーションを経ている車もありますが、回数を経るごとにその時代最新のレストレーション技術を駆使しており、いい車を選べばまったく問題なく町乗り可能です。
ただし、人気の車種ほど年を経るに従い価格が高沸ており、リーズナブルな車を探すのが難しくなってきているのも実情です。

1951 Chevrolet 3100 5 Window Green シボレー3100ピックアップ

1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box
1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box
1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box
1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box 1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box
1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box 1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box
1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box 1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box



1951 Chevrolet 3100 5 Window Short Box
価格の目安:\4,800,000〜
車両展示:アメリカ
これらの車両はアメリカで現在for saleになっている車両です。迅速なお手続の完了をもってお車を確保致します。
価格は海上輸送量・通関&登録費用等込みです。
自動車税、リサイクル費用、重量税、自賠責保険料金別
商品車両仕様
車検:ナシ
走行:不明
外装:リーフグリーン
内装:グレイ&ベージュ
エンジン:L6-235ci 
トランスミッション:コラム3速M/T
12V変換済、TEXACOロゴ入りウッドガード、内外装、エンジンリビルトしたて。

オリジナルに忠実な1台。内外装ともにキレイにまとまっていて雰囲気バツグン。リビルトしたての内外装とエンジンで、まさに新車のような輝きであなたの元へやってきます。
仕上がりや装備でかなり価格に差がある車種です。中にはA/Tになってエンジンも350ci(5.7L)クラスのV8を搭載している車両もあります。