シボレー・コルベット
今さらここで歴史を語るまでもない、2014年型で61年目を迎えたアメリカいちブレてないピュアスポーツ。C1と呼ばれる1953年から数えて7代目を数えるまでになったが、その歴史の中にはオイルショックや、だいたんなスタイリングを背負う宿命として、モデルチェンジの度に浴びせられる評論家の酷評。フェアレディZなど半世紀も追い続けるライバルの登場。そして21世紀に入ればリーマン・ショックやエコカーブームなど。それら何度もの存亡の危機を味わいながらもこれまで存続してきた。そして2014年は全くの新モデルに生まれ変わった事で話題を独占している。まずネーミングもC2とC3時代に呼ばれていたStingray(スティングレイ)を復活させた。そしてフレームもシャーシも一新。コンバーチブル用に開発された高剛性の新型アルミフレームをクーペにも共通化。カーボン・ナノコンポジット素材製のエンジンフード(ボンネット)、リムーバブルトップ、そしてメインボディ。こうなると当然ビジュアル的にも大きく進化を成し遂げたが、なによりも最大の特徴は先端技術の粋を集めた6.2L V-8 LT-1エンジン。直噴フューエルマネジメントシステムと連続可変バルブタイミングで最適な燃焼タイミングを計算して燃料を無駄なくパワーに変えるだけでなく、クルージング中は8本のシリンダーを4本のみの可動とし燃料の無駄使いを抑制することで脅威の低燃費を実現。それでいながら最大450hpを発揮し,0-60マイルはわずか3.9秒。内装もアルミ、カーボン、そして最上級の本革を使用したハンドメイド。どれをとっても完全に生まれ変わったコルベットに、もはや競合車は存在しないです。

2014 Chevrolet Corvette Stingray / コルベット・スティングレイ

2014 Chevrolet Corvette Stingray 
1953年から数えて7世代目。再びSTINGRAY(スティングレイ)と名付けられた新型コルベットは、先代とは全くの別物とも言える完全なるフルモデルチェンジで華々しく登場!パワフルなだけでなく、低燃費も両立させた画期的な燃焼システムで、いかなる時代もアメリカンピュアスポーツとしての地位を独走します!
2014 Chevrolet Corvette Stingray
推定車両価格帯 \X,XXX,XXX〜
※「上記車両価格帯」には消費税を含む車両本体の価格にアメリカ国内から日本への輸送・通関や予備検査を通すために必要な費用の合計の目安が含まれています。
登録に必要な法定費用(自動車税、重量税、自賠責保険、自動車取得税、リサイクル預託金)と税込環境整備費用は別途になります。

ギャラリー クリックで拡大できます
2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray 
2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray 
2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray 
2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray 
2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray  2014 Chevrolet Corvette Stingray 

豊富なカラーバリエーション クリックで拡大できます
2014 Corvette
Black ブラック
2014 Corvette
Cyber Gray サイバーグレイ
2014 Corvette
Arctic White アークティックホワイト
2014 Corvette
Blade Silver ブレードシルバー
2014 Corvette
Lagna Blue ラグナブルー
2014 Corvette
Night Race Blue ナイトレースブルー
2014 Corvette
Torch Red トーチレッド
2014 Corvette
Crystal Red クリスタルレッド
2014 Corvette
LimeRock Greenライムロックグリーン
標準ホイール例:スターリングシルバー
2014 Corvette
標準ホイール例:クローム
2014 Corvette
標準ホイール例:ブラック
2014 Corvette

インテリア クリックで拡大できます
2013 dodge Challenger SRT8 392 2013 dodge Challenger SRT8 392
ラインナップはダークスレートブラックとレーダーレッドの2色。ドアを開けるとSRTブランドを冠された本物のアメリカンマッスルにだけ許された特別な空間が広がります。ドライバーズシートに座れば、初代からの伝統でありながら大きく進化した4連メーターが輝き、革巻きのステアリングとシフターノブがスポーツドライビングのために必要な適正な距離に配置されています。

他に類を見ない斬新なドライブトレイン 
2014 Chevrolet Corvette Stingray
革新的な技術のトリオ
・コンパクトなエンジンデザインはボンネットラインをより低くし、低重心化
・ドライサンプ方式になったことで更に高いGフォースの環境にも対応
・7速マニュアルミッションをリアトランスアクスルに配置したことで、50:50の理想的なウェイトバランスを実現

エンジン 
2014 Chevrolet Corvette Stingray 期待を超えた450馬力 6.2L V-8 LT-1
6.2L LT-1エンジンは450馬力に450lb.-ftのトルクを生み、0-60マイルも4秒を切ります。また、ドライサンプ方式になったことで更に高いGフォースの環境にも耐えられるようになりました。更にダイレクトフューエルインジェクションで揮発ロスを低減しつつ、最大限の燃焼効率を提供します。可変バルブタイミングで高回転域での馬力と低回転時の最大限のトルクを引き出します。高性能なポジションセンサーで、車の状態を瞬時に把握し、その状況に対して最適なバルブの開閉タイミングへエンジンを導くことであらゆるシチューションにおける最適なパワーとトルクを提供します。それは同時にアクティブフューエルマネージメント(AFM)とも密接にオペレートします。AFMはピークパワーと最良の燃費効率を求める場合と求めない場合にエンジンの4つのシリンダーをオン・オフして使い分ける機能です。安定したクルージング時にはV-4 3.1Lエンジンとして走ることで超絶な低燃費を実現することができます。


トランスミッション 
7速マニュアル・トランスミッション
V-8 LT-1エンジンの回転を完璧にスティングレイの駆動に変えるべく、新しく生まれた7速マニュアルトラスミッション。ミッションそのものをリアアクスル部に配置したことで絶妙な50:50の前後重量バランスを実現。インテリジェントセンサーが加減速時にエンジンスピードに最も適した最良の変速をアシストします。アクティブ・レブ・マッチ(ARM)機能が必要と判断すればヒール・アンド・トゥと同様のレブマッチングをもシミュレートしてスムーズなコーナーリングをアシストしてくれます。
2014 Chevrolet Corvette Stingray

マシンへの信頼 
2014 Chevrolet Corvette Stingray 自信あふれるドライビングのために
Bremboブレーキ
コルベットも世界のレーシングブレーキのリーディングブランドであるBrembo社の採用しました。4ピストンアルミの2ピースキャリパーで極限のドライビングコンディションにも耐え抜きます。
Michelin Pilot Super Sport ZPタイヤ
レーストラックで培われたミシェランのランフラットタイヤ。DOT準拠なのでストリートでも抜群のグリップを提供します。
Magnetic Ride Technology
電子制御でサスペンションのセッティングを調整出来ます。(Z51オプション)

使用の詳細は今後発表予定です!詳しくはマリンコーポレーションまでお問い合わせください。